昔、原爆が落とされた時

 「広島出身のあなたとは結婚できない…」 
って言われて、結婚を破棄された女性がいたらしいね。 

お互い好きあって付き合っていたんだけど、女性が広島で被爆していて、 
それを知った彼氏の親が結婚に猛反対したとか。 
彼女のほうが放射能を浴びていて、正常な子供が産めないかもしれないって。 


その女性が本当に子供に影響があるくらい被爆していたかどうかは 
わからないけれど、彼氏の親の気持ちもわからなくはない。 
少なくとも、この彼氏の親を手放しで責めることは出来ない。 


で、こういう話があるってことは 

「福島出身のあなたとは結婚できません」 

って言われちゃう時代が来ても、おかしくないわけだよね… 

(放射能が既に相当広範囲に広まっているわけだし、水質汚染も確認されてるから 
福島どころか関東に住んでる人全員、こう言われるリスクはあるかもしれない) 


…やるせねぇなあ。 




http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1543571&media_id=2 

東電の副社長が被災地を訪問して謝罪したらしいね。 

避難民の中に自分が居たら全力でぶん殴ってたわ。骨の2〜3本は叩き折る勢いで。 
そりゃ勿論、この副社長だけが悪いんじゃないし、暴力を振るっても 
何も解決されないってことは、理屈じゃわかってはいるけれど。 
上に書いたようなことを考えたら、殴りたくもなるよ。 



「ただちに健康に影響はない(キリッ」 なんて言っているマスコミや政府のお偉いさん達は、 
果たしてこういうことは考えているのかねぇ…

証券優遇税制撤廃へ・2

今回も証券優遇税制撤廃関連の話。

関連日記 http://tyun-maro.jugem.jp/?eid=146



さて、ご存知の通り今は証券優遇税制により、株の利益にかかる税金は10%だが、


これについて、昨日はかなりネガティブなことばかり書いたが、
今日は少しポジティブな事を書いてみたいと思う。

悲しいことだが、泣く子とお上には逆らえない。
一般的な一個人の身分で出来ることと言えば、せいぜい選挙の1票を有効に使うぐらい。
あとは…最近流行りのデモでも起こすぐらいしかないのかな?笑


結局、税金が上がっても、その分多く稼ぎ続けられるようにすることが重要!!

というわけで、現実的かつポジティブ(?)な切り口から、以下のような事を考えてみた。





・駆け込み需要で一時的に需給が発生するかも知れない

税率がアップするのは早くて2012年の1月から。

たとえば、仮に2012年の1月から税金が上がることが決定したら、
含み益が出ている投資家は2011年のうちに利食いをしてしまうことだろう。

つまり、大きく株価が上がった銘柄は、2011年末にはそれだけ利食い需要が集中する。

こういった要因によって売り需要が発生するところを狙い撃ちして稼げるかもしれない。


また、これに限らず、税金アップによってどういった業種・どういった会社に
どのような影響(業績の変化)があるかを考えれば、それも一種の投資チャンスとなる。
相場の世界では、何かが変化するときというのは、とにかくチャンスである!


※ただし、こういった誰でも考え付く程度のことは、そうそう通用しないのも相場。
  もし自分の試した手が通用しなかったら…諦めて次の手を考えよう。




・税率がアップすれば、損失時の繰越効果(還付金)もアップする

ご存知だとは思うが、
(リンク先のページは参考資料の一例です)

たとえば、2010年の株の収支が-100万円だった場合、
2011〜2013年の間に100万円まで稼いでも2010年の損失と相殺されて、税金がかからない。

税金が20%になるということは、この相殺の効果も2倍ということ。
もしこれを読んでいる方で損失を確定申告していない方が居たら、
今年からは申告する事を強くお勧めしたい。20%は大きい。




…果たして「ポジティブ」と言えるのかどうか微妙な話になってしまったが、
上記のようなことは意識しておいて損は無いと思う。

ちびっとだけ頭の隅に置いていただけると幸いです。

証券優遇税制撤廃に

これは重大なニュース。

(↑ニュースにリンクしてあります)

昼間これを知った時は愕然とした。
民主のことだからいつかは20%に戻してくるだろうとは思っていたが、
まさかこんな相場でやってくるとは・・・

これはブログに書かねばと思っていたら、既にぱりてきさすさんが書いていた。
しまったなぁ。さっさと書いておけばよかった。夜書けばいいやって思ってたら出遅れた。
五月さんネタといい、2日連続で後出しで被るのはさすがにアレだが…
かといってこれはさすがにスルーできないので2つほど軽くツッコミを。




まず、「延長を重ねてもそのことによって株式が活性化方向に動くとは証明されていない」
って言われているけど、これにハッキリ意見しよう。

これ言った人は完全に頭いかれてるんじゃないのかな!?


消費税を上げたら消費は冷え込んだ。
エコカー減税で税金を軽減したら対象車の売れ行きは目に見えて活性化された。

それと同じことだと思う。

税金を上げれば冷え込み、下げれば活性化するなんてことは歴史が物語っている。
証明するまでもなく当たり前。そうならないはずがない。


今の株式市場が活性化してないのは税金が安くても効果が無いからじゃなくて、
安い税金で活性化方向に動いてこの程度、とは誰も考えていないのかな。
既に恩恵を受けているからこのくらいの冷え込みで済んでいるのだ!

ここで税率アップなんてしようものなら、外国市場が余程上げ上げになって
日本株を引っ張っていってくれない限り、地獄の閑散下落相場が来るぞ…。

いや、もしかしたら外国市場が盛り上がっても日本だけトコトン置いていかれるかも…





もう1つの致命的なツッコミどころは、

「同税制の延長は「金持ち優遇」のイメージがつきまとうため、
民主党内では優遇処理の延長に慎重論が強いとされる」

ってあるけど、これはもはや勘違いMAX発言。


株は金持ちがやるものだ、って先入観持ちすぎだろう!!


今は大抵の株なんて50万円もあれば買えちゃう。
数万円で買える株だって珍しくない。
証券口座だって簡単に開けるし、パソコンが1台あれば(ヘタすりゃ携帯でも)
トレードなんて誰にでも出来ちゃう。

これだけ敷居が低いんだから、金持ちじゃなくても株ぐらい皆やってるって。


むしろ「投資(投機)で一発当てて資産を増やしてやろう!」とガツガツしているのは、
どちらかというとお金持ってない若い人のほうじゃないかな。


ぱりてきさすさんのブログにもあるけれど、ほんまもんの金持ちは
デフレが続く限り、銀行に預金しときゃ持ってるお金の価値はオートで上がるんだから、
無理に株なんてやる必要は全く無いものね。

そもそも東電が公募増資するような相場でお金持ちが株持ち続けるなんて、
もはやマゾプレイ。これで税金まで上がるようなら、みんな喜んで株売ってキャッシュ持つよ。

株の税率上げちゃうと 株価下がる(&税金上がる)→消費意識冷え込む→デフレ加速する
の流れでますますデフレが加速して、それこそ金持ち優遇になってしまうんじゃないの。
デフレが進行すれば進行するほど、キャッシュで沢山お金持ってる人は美味しいんだから。


結論として、税金を20%にしてより困るのは金持ちより一般人だと思う。

結局、 貧乏人はFX行っとけ! っていうことなのかもしれないね。苦笑




少し蛇足になるが、彼らの立場になって考えてみたけど、
そんなに金持ち優遇を理由に税金を上げたいならば、

「500万円までは10%、それを越えた分は20%」 っていうふうにするべきだと思うんだよね。

500万って数値は適当だけど、そんなにお金を持っていない一般的な人が
年間に500万以上株で儲けるってのはなかなかできることじゃないだろうからね。

逆に一般的な人が「俺は500万円以上儲けたぜー」「俺も!」「俺も!」ってなるようなら、
それは相当上げ相場になっているということだから、税金が上がっても構わない。
そんな時代は暫く来ないだろうけど。


もちろん、大口や外資にとっては、実質20%になるわけだから
彼らは日本株から逃げるだろうし、市場は冷え込むと考えられるが…

少なくとも金持ちから巻き上げたいという筋は通るわな。


「金持ちも貧乏人も20%です」

ってよりは、

「沢山儲けている金持ちからは20%取りますが、そうでない人は10%でいいですよ」

ってのじゃ、どう考えても後者のほうが一般人受け良さそうじゃない!?


なんでそうしないのか不思議でならない。
それともニュースになっていないだけでそういう意見も出てたりするのかな。





軽く書くつもりが、気がついたら凄まじい長文になっていた。

まだまだ書きたいことは頭の中に沢山あるけれど、今回はこのへんで。

この話題に関連することで、もうちょっと前向きなネタも用意しているので、
近いうちにそれについて書こうかなあと思ってます!

あと、ダイヤモンドZai12月号の記事に書ききれなかったことについても書く予定です!

武富士の四季報(笑)


【特色】
消費者金融専業で大手の一角。『ベネシア』ブランド。
貸金業法完全施行で苦戦必至。店舗圧縮


【赤字転落】貸付残高大幅減。利息収入続落。
上期貸倒費が想定下回るが、下期貸倒費増。
利息返還引当金繰入の懸念も。上期の黒字あっても会社計画至難。
三たび営業赤字転落。営業貸付金譲渡特損。無配懸念。


【資金繰り】資金調達環境の厳しさ理由に継続性の疑義注記。資金繰りが最大課題。社債大口償還は11年4月571億円。ローン債権譲渡など進めるが余裕乏しく綱渡り。




なんだこれ!

これでもか、ってぐらいに悪い事しか書いてなくて笑った!


武富士に今何が起きているかはあえて語るまでもないと思うので割愛しますが・・

当たり前のことですが、四季報でムチャクチャ悪いこと書かれてる企業への投資は
非常にハイリスクであるといういい例ですね。

こういう銘柄は、短期間での投機と割り切ってお付き合いするか、
あるいは一切係わり合いにならないことが正解と言えるんじゃないかと思います。


今回の武富士の一件でプロミス・アコム等の同業他社の株も下がったように、
「その銘柄に関わらなければ100%安全」とは言い切れないので、
そこが難しいところではありますが!

遂に岡三オンライン、崩れる…!(手数料値上げ発表)

 緩い条件でプラチナ手数料が適応され、
信用定額手数料が安いことで定評のあった岡三オンライン証券。




しかし・・・・・・・・・!



遂に来てしまった・・・



恐れていた値上げが!!!


http://www.okasan-online.co.jp/corporate/release/2010/info01058/



さて、これはどのくらいの影響になるのだろうか?
簡単に計算してみた。

     <現行プラチナ→値上げ後プラチナ>
1日5000万円売買・・・2800円→5000円
1日1億円売買・・・・・4600円→10000円
1日2億円売買・・・・・8200円→20000円



むむむ・・・

いつぞやの「北●CEO」の率いるS●I証券のように、

『"値下げを含む改定"と書いて、実態は10倍値上げ』

といったトンデモ外道値上げと比べると大分マシとは言え・・・

この値上げ幅はスキャ・デイ中心の人には痛いぞ・・・・・・!





しかも今回の改正の肝として、プラチナ手数料の適応基準が
今までと比べて格段と厳しくなること
も見逃せない。


今までは"既存の客は全員プラチナ扱い"であったし、
新規の客でも預け入れ資産1000万円でプラチナになれた。

が・・・・・・・



優遇手数料(プラチナ)の適用基準

売買金額基準

月間の売買金額(現物取引と信用取引の合計)が10億円以上のお客さま
※ただし、信用取引定額プランの月間注文件数5,000件以上の方は原則適用外となります。
※毎月20日を基準日として1ヵ月間の売買金額により、翌月適用となります。



これを見る限り、月に10億円以上取引し続けないと
プラチナで居続けることは出来ないようだ。

月に10億円ということは1日平均で最低5000万程度。

月に10億円の取引高というのは、1000万円の資金だと
毎日ほぼ信用フル回転させてやっと到達できる数字である。


毎日1日も休まずに余力を使い切るまでトレードするのは少し非現実的なので、
現実的な目安としては、1500万ぐらいは預けて
なおかつ毎日のようにぶん回していないと基準に届かないだろう。


これではかなりのお金持ちか、
あるいは相当気合の入ったデイトレーダー以外は、
プラチナ手数料適応となるのは難しそうだ。


そのため比較的小額の投資家にとっても痛い値上げになりそう。







岡三オンラインはスキャルパーにとっては最後の砦だっただけに
頑張って欲しかったところだったのだが・・・。
・・・やはり限界だったのだろうか。

はぁ・・・(´;ω;`)ブワッ



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

殴り書きスペース

Tyunの株wiki
おまけページ。絶賛放置中です…

Tyunの自己紹介

株と猫をこよなく愛すトレーダー見習。
2005年に100万スタート
(以後入金含め200)で株デビュー。
荒稼ぎするより大負けしない事を重視、
コツコツトレードで堅実に堅実に稼ぐ。

2007年以降月単位では殆ど負け無し、
2008年には週単位収支で無敗を達成。
2009年末に資産5000万達成。
2011年春に資産7000万達成。
次の目標は2012年に1億!

このブログのイメージキャラクターの
猫は、neoplasmさんのまろちゃん。
許可を取って使わせて頂いています。

2010年6〜11月にダイヤモンドZai誌
【1000万円株バトル】に出場し、
運よく優勝できました!!!
昔から憧れていた企画に参加できた上、
結果も残せたのでとても嬉しいです。
因みにバトルでのパフォーマンスは、
5ヶ月半の期間で1000万→1284万。
(10%の税引き後)

その他、週刊SPA!などにチョコっと
時々掲載されております。

連絡先はこちら hiro_s_tyun@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

コメント

トラックバック

記事検索

others