証券優遇税制撤廃へ・2

今回も証券優遇税制撤廃関連の話。

関連日記 http://tyun-maro.jugem.jp/?eid=146



さて、ご存知の通り今は証券優遇税制により、株の利益にかかる税金は10%だが、


これについて、昨日はかなりネガティブなことばかり書いたが、
今日は少しポジティブな事を書いてみたいと思う。

悲しいことだが、泣く子とお上には逆らえない。
一般的な一個人の身分で出来ることと言えば、せいぜい選挙の1票を有効に使うぐらい。
あとは…最近流行りのデモでも起こすぐらいしかないのかな?笑


結局、税金が上がっても、その分多く稼ぎ続けられるようにすることが重要!!

というわけで、現実的かつポジティブ(?)な切り口から、以下のような事を考えてみた。





・駆け込み需要で一時的に需給が発生するかも知れない

税率がアップするのは早くて2012年の1月から。

たとえば、仮に2012年の1月から税金が上がることが決定したら、
含み益が出ている投資家は2011年のうちに利食いをしてしまうことだろう。

つまり、大きく株価が上がった銘柄は、2011年末にはそれだけ利食い需要が集中する。

こういった要因によって売り需要が発生するところを狙い撃ちして稼げるかもしれない。


また、これに限らず、税金アップによってどういった業種・どういった会社に
どのような影響(業績の変化)があるかを考えれば、それも一種の投資チャンスとなる。
相場の世界では、何かが変化するときというのは、とにかくチャンスである!


※ただし、こういった誰でも考え付く程度のことは、そうそう通用しないのも相場。
  もし自分の試した手が通用しなかったら…諦めて次の手を考えよう。




・税率がアップすれば、損失時の繰越効果(還付金)もアップする

ご存知だとは思うが、
(リンク先のページは参考資料の一例です)

たとえば、2010年の株の収支が-100万円だった場合、
2011〜2013年の間に100万円まで稼いでも2010年の損失と相殺されて、税金がかからない。

税金が20%になるということは、この相殺の効果も2倍ということ。
もしこれを読んでいる方で損失を確定申告していない方が居たら、
今年からは申告する事を強くお勧めしたい。20%は大きい。




…果たして「ポジティブ」と言えるのかどうか微妙な話になってしまったが、
上記のようなことは意識しておいて損は無いと思う。

ちびっとだけ頭の隅に置いていただけると幸いです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

殴り書きスペース

Tyunの株wiki
おまけページ。絶賛放置中です…

Tyunの自己紹介

株と猫をこよなく愛すトレーダー見習。
2005年に100万スタート
(以後入金含め200)で株デビュー。
荒稼ぎするより大負けしない事を重視、
コツコツトレードで堅実に堅実に稼ぐ。

2007年以降月単位では殆ど負け無し、
2008年には週単位収支で無敗を達成。
2009年末に資産5000万達成。
2011年春に資産7000万達成。
次の目標は2012年に1億!

このブログのイメージキャラクターの
猫は、neoplasmさんのまろちゃん。
許可を取って使わせて頂いています。

2010年6〜11月にダイヤモンドZai誌
【1000万円株バトル】に出場し、
運よく優勝できました!!!
昔から憧れていた企画に参加できた上、
結果も残せたのでとても嬉しいです。
因みにバトルでのパフォーマンスは、
5ヶ月半の期間で1000万→1284万。
(10%の税引き後)

その他、週刊SPA!などにチョコっと
時々掲載されております。

連絡先はこちら hiro_s_tyun@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

コメント

トラックバック

記事検索

others