3月2〜3週収支・概要

3月第2週 +0.5%(○○○●●)

3月第3週 +8.0%(○○●○●)


震災翌営業日に大きくプラス。
その他の日はかなりコツコツトレード。



…今回の震災の瞬間。

私は関東地方でトレードをしていたのですが、
ちょうど席を離れて一息入れている時に、大きな揺れが来ました。

揺れの程度は震度5強でしたが、揺れていた時間が非常に長く、
そして揺れはじめよりも揺れ始めて2〜3分経ってからどんどん
揺れが強くなっていく、非常に怖い揺れ方でした。

揺れが弱まりはじめるまでは、正直身の安全を図るので精一杯で
株の事どころではありませんでした。かなりの恐怖でした。

揺れが弱くなりだしたところで、なんとか幾分恐怖感が減少し、
テレビをつけ、チャット上に流れていた皆の叫びのメッセージに
目を通し、そして株価の動きも見ることができました。



そしてテレビに映し出された震源が「三陸沖」であることを確認し、
私はたいへん驚きました。

というのも、私は地震が起きている間中ずっと、
「ああ、これは東海地震が遂に来たんだな」と思っていたからです。

私は中越大地震の時も偶然震源地から数十km(おそらく40〜50km位)
の所で地震を喰らっていたわけなのですが、ちょうどその時と
今回感じた揺れの強さが同じくらいだったと思えたのです。
(そして、揺れの長さで言うと今回のほうが圧倒的に長かった)

中越大地震と言えば、M7クラスの大地震でした。
それが数十km先で起こったのと同じ揺れ(しかも長い時間)ということは、
M8クラスの東海地震が150kmくらい先で起こったのかな?
そう考えていました。

ところが画面に映し出された震源は、どう控えめに見ても300km、
おそらくは400km近くは離れているであろう場所でした。

ぞっとしました。

400km離れた土地で、中越大地震の時の震源から40kmの地点と
同じだけの揺れを起こす地震…


そう考えた瞬間、
「これは、とてつもない大地震が起きたんだな」
と思いました。



そう判断した時点で、恐らく時間は2時54〜55分くらい。引け数分前。 *1

市場を見回してみると、一部の建設株は相当買われていますが
先物の下げは地震前より100円下げたかどうか、というレベルでした。

とてつもない大地震としては下げ幅が少なすぎると感じました。


地震が起きる前までは約2000万円の買い越しポジがありましたが、
それらの買いポジは片っ端から成行で手仕舞い。
板が薄かったり金額が細かかったりで手仕舞いが面倒だったものは、
時間が無いので後回しにして、かわりに先物を
証拠金の許す限り売れるだけ売りました。
(とは言っても、あまり証拠金は入っていませんでしたが)

そして余った時間で、植木組・福田組などに適当に指値を入れ、
(成行にしなかったのは、板が薄くスプレッドが非常に大きかったから)
運よくそのうちの一部がヒットしたところで、3時になりました。

この時点で、売り越し1500万円くらい(買いは建築株のみ)のポジに出来ました。



その後、ヘリからの大津波が街を襲うLive映像を見て…
まさに絶句、でした。

波が道路も畑も家も全て踏み潰しながら、
人を乗せて走っている車ごと、波に攫われていく光景。
まるでおもちゃのように町並みが全て流される光景。

この世の現実とは思えませんでした。


ところが、それだけの光景を見せ付けられたにも関わらず、
イブニングの値は10000〜10100程度。
地震前から比べて300円も下げていません。

インターネット上では意外と楽観的な意見も多く、
「これは数百人死んだかもしれんね」くらいの見方が主流でした。


不謹慎かもしれないが、これはチャンスだ。 皆、楽観的過ぎる。

そう確信し、CFDにその場で入金できる限界まで資金を入れ、
CFDで約4000万円日経の売り増しをしました。(合計で5500万円ほど売り) *2
ダウが強そうだったので、ダウに引っ張られて日経が落ちなかった時に
備えてダウも証拠金の限界まで、約1500万ほど買いました。

(今思うと、本当に自信を持ったクレバーな投資家なら
 この1500万円分も日経売りにあてていたはずですね。
 ここでダウを買ったのは自分の判断に不安が
 あったからこその、保険だったのかもしれません)




そして、月曜日の朝、CFDや先物で売っていた日経を、
9500〜9600円の段階で殆どを利益確定。(深追いはしませんでした)
ダウの買いポジも微利益で清算。
建築株の買いや少し持っていた株式の売りポジも、寄ったところで全て清算。
これが今回の内訳です。

次回は、今後の展望をざっと書く予定です。



<追記・雑記>
*1  揺れが完全におさまる前に震源を確認してトレードも実行していたので
   実際は2:51〜52くらいかも? 既に建設株は買われはじめていた時間だったので
   先手は取れませんでした。

*2 5500万とありますが諸事情により取引履歴を実際に調べなおしてみたら、
   あの時点で取った売りポジの総額は実際には6000万以上ありました。(個別株含む)


今回は、運良く停電しなかったのでトレードをする事ができましたが、
考えてみると結構近くの地域でも停電をしていたので危なかったのですよね。
(停電をしていたら買い超過のまま週明けを迎えることになっていた)

今回の場合、残り時間を考えたら携帯からポジションを整理するのは
時間的に厳しかったでしょうし(そもそも繋がる確証も無かったし)、
停電が完全に明暗を分けました。

これは対策をしておいたほうが良いかなと思って「家庭用発電機 家庭用」で
ぐぐってみたら、どうやら10万円〜くらいで入手できそう。
とは言え、プロバイダが落ちてたら結局意味ないのかな…?


結論としては、いつ停電が起こっても致命的な被害を受けないよう
日頃から節度を持ったポジ管理をしておくほうが最重要ですね!!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

殴り書きスペース

Tyunの株wiki
おまけページ。絶賛放置中です…

Tyunの自己紹介

株と猫をこよなく愛すトレーダー見習。
2005年に100万スタート
(以後入金含め200)で株デビュー。
荒稼ぎするより大負けしない事を重視、
コツコツトレードで堅実に堅実に稼ぐ。

2007年以降月単位では殆ど負け無し、
2008年には週単位収支で無敗を達成。
2009年末に資産5000万達成。
2011年春に資産7000万達成。
次の目標は2012年に1億!

このブログのイメージキャラクターの
猫は、neoplasmさんのまろちゃん。
許可を取って使わせて頂いています。

2010年6〜11月にダイヤモンドZai誌
【1000万円株バトル】に出場し、
運よく優勝できました!!!
昔から憧れていた企画に参加できた上、
結果も残せたのでとても嬉しいです。
因みにバトルでのパフォーマンスは、
5ヶ月半の期間で1000万→1284万。
(10%の税引き後)

その他、週刊SPA!などにチョコっと
時々掲載されております。

連絡先はこちら hiro_s_tyun@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

コメント

トラックバック

記事検索

others