原発オールアウト

 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110606/272772/...

↑を熟読していただければわかる通り、
現実問題として当面の原発によるエネルギー供給は
非常に厳しい状況となっている。
定期点検後の再開に周辺住民が強硬に反対ケースが非常に増えているからだ。

そりゃ〜あんな事故を見せつけられてたらね…



とは言っても、仮に原発がオールアウトしたとしても
私の個人的な見解では電力供給そのものが
損なわれることはあまり心配していない。

今までの日本の電力供給力が需要に対してもともと余裕があったことと、
非稼動の火力発電所などを稼動させた場合の発電余力を考えると…
夏のピークなどには全国的にある程度の節電は強いられるだろうが、
逆に言えば節電さえ出来れば十分凌ぎきれる範囲と判断している。
(もちろん素人の推測なのであてにしないように!)



だがここで問題になってくることが1つある。

原発は定期点検中であっても停止中であってもそれなりのコストを食う。
つまり、コストは食うけれど発電量ゼロの原発が
今まさに全国的に大量発生してきているわけである。

発電量ゼロの原発の維持コストを払いつつ、
その分の発電量をまかなうための燃料代などが必要
なのだから、
各電力会社にそのコストが重くのしかかることが予想される。

これを解決するために電力会社が最も取りたい方法は
電気料金の値上げだろうが、今の状況では大幅な電気代値上げは
国民感情を考えると実行しづらいと言えるだろう。
せいぜい小幅な値上げを段階的に行うのが限界ではないだろうか。



その結果として、値上げで賄えない分どこに負担が行くかと言うと、
やはり株主だろう。
役員報酬・賃金…も削られるだろうけど、後回しだろうなあ。。。

つまり負担が大きく上がる電力会社ほど、配当が減少したり、
あるいは資金調達(増資)による希薄化などで
株主が不利益を被る可能性が十分に考えられる。


で、その負担の大きさについては…

ザックリ言ってしまうと原発依存度にある程度比例するのでは。
もともと原発に頼っていなかった電力会社と、
発電量の半分以上を原発に頼っている電力会社では
当然、負担の差がある。
(各電力会社の原発依存度や稼動中の原発は簡単に調べられます)

よってここから察するに、
その負担の差がこれから株価に織り込まれていくのでは
と考えている。

(↑あくまでも現時点での個人的見解です!大外れするかも知れないので責任は取りません!



ただし東電の方向性がある程度定まらない現状では、
電力会社株はみんなまとめて東電連動になってるので
そのギャップを取る作業は非常に難しそう。
ギャップの影響<<<<<<東電連動の影響 になっているから。

東電が落ちついてからが本番かな…?
それともそれだと遅いのかな…?
うーんうーん…

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

殴り書きスペース

Tyunの株wiki
おまけページ。絶賛放置中です…

Tyunの自己紹介

株と猫をこよなく愛すトレーダー見習。
2005年に100万スタート
(以後入金含め200)で株デビュー。
荒稼ぎするより大負けしない事を重視、
コツコツトレードで堅実に堅実に稼ぐ。

2007年以降月単位では殆ど負け無し、
2008年には週単位収支で無敗を達成。
2009年末に資産5000万達成。
2011年春に資産7000万達成。
次の目標は2012年に1億!

このブログのイメージキャラクターの
猫は、neoplasmさんのまろちゃん。
許可を取って使わせて頂いています。

2010年6〜11月にダイヤモンドZai誌
【1000万円株バトル】に出場し、
運よく優勝できました!!!
昔から憧れていた企画に参加できた上、
結果も残せたのでとても嬉しいです。
因みにバトルでのパフォーマンスは、
5ヶ月半の期間で1000万→1284万。
(10%の税引き後)

その他、週刊SPA!などにチョコっと
時々掲載されております。

連絡先はこちら hiro_s_tyun@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

コメント

トラックバック

記事検索

others