今日は反発

円安・アメ高の恩恵を受け、今日は朝から強かった。

昼から円高に振れたものの、反発の勢いはさほど衰えず
引けまで堅調相場が継続。日経は+198.80と大幅上昇。
これだけの上げってひさびさな気がする。


ただ気になったのは、先物や主力どころは反発していても
その他の中小の銘柄がさほど反応していない。

日経がこれだけ上げたのに今日も新安値銘柄は非常に多く、
自立した幅広い上げがなかなか来ない状況。

結局今の相場で買い持ちするんだったら、
先物かユニクロ買っとけよ!って話になっちゃう気がする。



いい所と悪い所の温度差が激しいこと自体は、
別に投機する分にはそれはそれで良いんだけどね。

例えば先物を買って、かわりに今日反応しなかったような弱い銘柄売って
いわゆるロングショート戦術で利鞘を狙う、なんて作戦も出切るわけだし。


ただ、ネガティブな例えをすると、今の日本株って重度の貧血みたいな状態で、
大動脈にはまだそれなりに血が通っていて身体の機能は保っているんだけど、
手や足の先は満足に血が通ってなくって慢性的な冷え性になっちゃってる感じがする。

ってことは、今日みたいな上げが何回か来たところで、慢性的な冷え性の体質を
改善しないと、全身ポカポカな状態にはならないんじゃないかな。



どうやったら改善できるんだ? って言われると、
それはもう個人投資家の裾野を広げて根強い資金を呼び込むしかなさそう。

しかしながら、今の株式市場では既存株主の利益を損なうような増資が
ボコボコ行われているし、挙句に税率は20%に戻ろうとしている。
新しく入ってくる個人に好まれる市場とはとても言えない。
これでは冷え性は治るどころか、どんどん悪化しちゃう。

どうしたものか。。。

前場は巻き戻し…?

気配と寄りの雰囲気を見た感じでは、今日は寄り天になる雰囲気かなーっと予想。
寄りでのりそな売りも上手くいき、ますます寄り天を確信したが
9:10くらいからどうも雰囲気が変化してきた。

終わってみるとまさかの先物165円高。
最近GU寄り天が多かったけど、こういう日も混ざるんだよなあ。



個別は、今まで弱かった銘柄の巻き戻しが強い印象。

ただ巻き戻ってる銘柄も結構偏っている。
りそなあたりの戻しはすごいけど、
サラ金とか東電とかそこらへんは全然ダメ。

ヤフーとかソニーFHとか住友鉱とか、もともと強いチャートから
さらに高値をとりに来てるとこも少なからずある
だがいかんせん巻き戻しのほうがインパクトが目立つ感じ。 


後場はグダグダ気味になるのかなぁと予想するが、どうなるのだろう。





ところで話が逸れるけど、自転車のベル。

あのベルの音って、どうも威圧的な感じがして不快に感じる。
鳴らされると「邪魔だー!どけどけぇー!」って言われてる感じ。


だから自分はなるべく鳴らさないようにしているのだけれど、
狭い道を通る時や人が多い所を通るときなど、どうしても鳴らさないといけない時が辛い。

たまーにアレ鳴らしまくって歩行者を全く避ける気がないおばちゃんとかいるけれど、
ああいうのは絶対に真似したくない。笑


「邪魔だ、どけ!」じゃなくて、「ちょっと通してくださーい」くらいの感じを出したいのにね。
なんかいい方法無いかなぁ。
 
やっぱ直接すみませんって声かけるしかないのかな。
 

日銀が気合を入れてきた

今日の場中に発表された事で、若干古い話題になった感もあるが、
日銀がどうやら本格的にヤル気を出してきたようだ。
おおまかな内容はこちらの記事などを参照。


私は不勉強なもので、
こういった政策で具体的にどの程度の効果が期待されるのか、
またそれに要する時間はどれぐらいか、と言われると
ちょっと明言する自信は無いので

興味がある人はグーグル先生で調べて自分なりの推測をどうぞ!
・・・と、超不親切に突き離してしまうしか無いのだが…



これからの市場の動きを占う上での要点は、
「日銀がここへ来て効果の高そうな処方箋をバリバリ出している」こと自体に注目したい。

勿論、処方箋が市場に評価されて、それによって市場の流れが良くなるのならば
それはそれで良い。

だが、これだけの処方箋を出し、なおかつアメリカも決して軟調では無かったとしても
日本相場だけはぱっとしない・・・なんて展開になろうものなら、
今の日本市場はよほどの重病だと見て取れる。


結局のところ、前者と判断した場合は素直に買いで波に乗り、
後者と判断した場合は確実に上値が重くなる局面があるはずなので
その時に弱くなっていった銘柄から着々と叩き売る・・・
といった両面作戦を展開していきたいと考えている。

みずほ110円、東電2000円割れ

今日は弱い個別がとにかく弱かった!!
代表的な弱い個別は、みずほ・りそな等のメガバン勢と
そしてやはり東京電力だろうか。
みずほは112円、東京電力は1996円での引け。



東京電力が2000円割れたのっていつぶりだろう、・・・って思って、
とりあえず10年チャートで調べてみたら、1度も割れてない。
20年チャートで見ても割れてない。

仕方が無いからニュースを検索してみたら、なんと25年ぶりらしい。
四半世紀前の株価に戻ってしまうとはびっくり。



ただ、結構ジリジリ上げてるような銘柄もあったし、全体が弱いわけではない。
日経平均とかの指標もそれほど下がっていないし。
ホントに銘柄格差が激しくなってきているんだなぁと感じた。

相場全体の方向感は非常に読み辛いだけに、
今自分が狙っている銘柄が強い銘柄か弱い銘柄かを
日々的確に判断していかないと非常に厳しい相場だと思う。

逆に、器用な人なら「強い銘柄を買って弱い銘柄を売る」ロングショートで
既に結構な利益を積み上げてるのかも。




ところで、ちょっと古いニュースになった感があるが、
尖閣諸島問題を巡る2600人デモ、日本のマスコミではホント一切報道されていないね。
上のリンク先の記事もCNNだし。

これだけ大規模なデモが国外のマスコミには報道されているのに、
何故国内では全く報道されないのだろう。一社として報道してない。
もうこれは何らかの情報統制があったとしか思えない。
ひどく不気味さを感じる。



個人的には尖閣諸島問題に関しては、「尖閣は日本のもの。元々領土問題は無い」という
スタンスを貫けて、それで大きな問題が無ければそれがベストだと思っているのだけれど、
昨今の中国側の出方を見る限りそんな楽観的なことはとても言っていられなさそう。

かといって「尖閣諸島問題」として意識して中国と争う姿勢を前面に出しちゃうと、
「日本が領土問題があることを認めた」ことになってしまって、
中国にゴリ押しの口実を与えることにもなりかねないから、それもまた辛い。

結局、日本単独で「尖閣問題」として強硬に意識しすぎるより、周囲の各国を巻き込んで
緩やかに包囲網を築いて外堀を埋めつつ、今回問題になったレアアースなどの輸入先の分散等、
経済的に中国への依存度を下げる方向に動くことが一番の良策だと思う。
中国のゴリ押しに悩んでるアジア諸国は沢山いるのだし。

介入第2弾!?

いきなり為替も先物も個別もぶっ壊れた・・・・・・

さすがにこの動きは9割方介入しかないと思うが、
前回の介入と比べて日本株の反応速度が異常に早かった!
やっぱり市場でそれだけ介入が強く意識されているってことなのかな。



それにしても、なんでここまであからさまにやるのかな。。。

市場に不自然なインパクトを与えるよりも、
もっと自然に溶け込ませるようにやったほうが
良い効果を得られる気がしてならないのだが、、、
所詮単独介入なんだし。。。


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

殴り書きスペース

Tyunの株wiki
おまけページ。絶賛放置中です…

Tyunの自己紹介

株と猫をこよなく愛すトレーダー見習。
2005年に100万スタート
(以後入金含め200)で株デビュー。
荒稼ぎするより大負けしない事を重視、
コツコツトレードで堅実に堅実に稼ぐ。

2007年以降月単位では殆ど負け無し、
2008年には週単位収支で無敗を達成。
2009年末に資産5000万達成。
2011年春に資産7000万達成。
次の目標は2012年に1億!

このブログのイメージキャラクターの
猫は、neoplasmさんのまろちゃん。
許可を取って使わせて頂いています。

2010年6〜11月にダイヤモンドZai誌
【1000万円株バトル】に出場し、
運よく優勝できました!!!
昔から憧れていた企画に参加できた上、
結果も残せたのでとても嬉しいです。
因みにバトルでのパフォーマンスは、
5ヶ月半の期間で1000万→1284万。
(10%の税引き後)

その他、週刊SPA!などにチョコっと
時々掲載されております。

連絡先はこちら hiro_s_tyun@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

コメント

トラックバック

記事検索

others